ホーム / ニュース

光ケーブル製造における高周波誘導加熱機の使用

高周波加熱機-全称「高周波誘導加熱機」、高周波誘導加熱設備、高周波誘導加熱装置、高周波加熱電源、高周波電源、高周波溶接機、高周波誘導加熱器(溶接機)などとも呼ばれる。主に金属の誘導加熱(非接触)である、金属を急速に加熱することができ、節電、体積が小さく、取り付けが便利、操作が便利、安全で信頼性があり、加熱速度が速いなどの利点がある。


  光ファイバ通信技術が登場すると、光技術は通信ネットワーク全体に浸透し始め、光ファイバ通信は全光ネットワークに発展する傾向にある。市場は業界の命脈であり、価格は企業の命脈であり、どのように合理的に製品コストを下げ、製品の品質を高め、ユーザーの使用要求を保証するかは、企業の重要なポイントである。本文は伝統的な光ファイバケーブル鋼包注型方法と新技術——高周波誘導加熱の比較を紹介した。


  まず、紹介する原則


  周知のように、光ファイバケーブルの浸透性はユーザーの厳格な要求の1つの環境性能指標であり、光ファイバケーブルの鋼包構造は鋼包の中で浸透しやすく、伝統的な方式は一般的に熱溶融樹脂を採用し、鋼包を完全に接着させ、浸水を防止する。しかし、伝統的な方式には多くの欠点があり、例えばゴムの量が不足すると水が浸透し、ゴムの量が多すぎると包装時のシース押出を招くため、ゴムの量を制御することが困難である、高周波加熱機という利点に加えて、鋼帯表面のポリエステルフィルムが固着していないために金型コア部に堆積し、シースが包装から離脱する現象も発生する。新技術は高周波誘導加熱原理を利用して鋼帯表面フィルムを溶融し、鋼帯の重ね合わせを強固にするだけでなく、鋼帯とシースとの間の接着強度を高め、浸出水とシース脱着現象を解決した。高周波誘導加熱の原理は、高周波電界の作用下で誘電体材料に分子現象が発生し、電界方向に応じて高周波電界が極めて速い速度で分子方向を変えるため、誘電体材料は誘電損失によって加熱される。高周波電流は加熱コイル(通常は紫銅管で作られる)に流れ、加熱コイルは環状または他の形状に巻かれる。その結果、コイル内に強い磁気ビームが発生し、金属などの加熱材料をコイル内に置くと、磁気ビームが加熱材料全体を通過し、加熱材料の反対方向に大きな渦電流が発生し、加熱材料の抵抗がジュール熱を発生し、材料自体の温度が急速に上昇し、これは誘導加熱の原理である。

  二、高周波誘導加熱機の応用が広い


  高周波加熱機は、鉄、鋼、鋳鉄、ステンレス、銅、アルミニウム、錫、金、銀などのすべての金属を迅速に加熱するために使用することができます。


  1、熱間鍛造プレス業界――全体鍛造、局所鍛造、ドリルプレス。


  2、溶接——各種金属製品のろう付け、工具刃の溶接、銅管の溶接(光ファイバーケーブル製造業において鋼帯の重ね合わせ溶接に用いることができる)。


  3、熱処理――金属焼入れ、焼鈍、焼戻し;特に局所的な処理(光ケーブル製造業ではシース材料や金属テープのはく離に使用できる)。


  4、溶融---鋳造溶融、貴金属溶融、実験室小溶融。


  5、その他の応用――粉末コーティング、金属インプラントプラスチック、加熱と油除去(光ファイバーケーブル製造業においてワイヤ押出スペーサ層ワイヤの油除去、不純物除去に用いることができる)。